交通事故での慰謝料を増額したいならば

交通事故の被害者になってしまったら、慰謝料の請求をすることができます。この慰謝料ですが算定をする時に三種類の基準があるのを抑えておきましょう。まず自賠責保険、任意保険、そして裁判所による基準です。被害者になったら保険会社の担当者から、慰謝料も含めた賠償金が提示されて来ますがそれですぐに納得をすると損をしてしまう事になるでしょう。

保険会社は任意保険での基準によって交通事故に関する慰謝料が算定される事になります。しかしこれは裁判所での基準とは大きく異なっているのです。結論を言えば、裁判所での基準よりも低い金額が提示されることが多いので気を付けましょう。どうしてこのような事が起きるのかと言えば、保険会社も利益を考えなければならないからです。

担当者も保険会社の人間ですので、なるべくならば慰謝料の金額について支払う金額は少ない方が良いと考えています。交通事故の賠償金について保険会社は独自の基準によって算定をすることが出来るのです。その結果、裁判所基準よりも金額が低くなってしまうケースがあります。その事をちゃんと理解しておく必要があるでしょう。

ただし保険会社に対して抗議をしてもなかなか交渉は上手くいきません。何故ならば、裁判所基準とは言っても、金額を出すためには判例や法律のことを踏まえて考えなければならないからです。ほとんどの方は法律に関してプロでは無いでしょう。判例を調べるのも手間がかかります。

しかし弁護士に依頼をすれば保険会社も、曖昧な答えや理由付けで逃げることはできません。もし増額を考えるのでしたら弁護士に相談をするのが良いでしょう。広島の相続の弁護士のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です