交通事故の慰謝料請求は?

交通事故のよる慰謝料の請求には「入通院慰謝料」と「後遺障害慰謝料」があります。「入通院慰謝料」ですが知識のないままにご自分で何とかしようとされる方が多く、より拗れてしまう方もいますが、保険会社に任せて正しい計算式の元、請求を行えば相手が聞き入れないということはありません。保険会社とのやり取りをスムーズに行う為には、妥協点を探していく事です。ただ、交通事故の損害賠償は精神的な物や時間のない方は、特約として弁護士費用が自動車保険についている方等は最初から弁護士に頼ることもよいでしょう。

自賠責保険と任意保険では計算式に差異がある為、注意が必要です。交通事故の「後遺障害慰謝料」は後遺症が後遺障害として認定された時に支払われるもので認定されれば揉める事はほとんどありません。ただ、14等級辺りは後遺障害の認定が厳しくなっており、事前に相談した方がよいようです。認定なしと14等級では100万円以上変わります。

弁護士に依頼すれば治療に専念出来、治療費や休業損害の補償が不当に打ち切られる事のないように交渉して貰う事ができ、後遺症障害についても等級が得られやすいように治療についてのアドバイスを受けることができます。状況に応じて対応できる弁護士に頼むと安心です。対応した保険会社も交通事故の専門家である為、会社の利益の為に賠償金の額を減らそうとされる事があり、弁護士に任せた方が適切な賠償金請求が行えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です