交通事故の慰謝料を請求する方法

交通事故の慰謝料は、加害者の保険加入の状況により、請求先が異なるので注意が必要です。まず、加害者が自賠責保険だけに加入しているケースです。示談が成立したにもかかわらず、慰謝料や賠償金をきちんと支払わなかったり、支払いが遅れたりすることは珍しくはありません。そのような場合には、被害者が自賠責保険に直接請求することも可能です。

ただし、自賠責保険には支払い限度額が定められているため、その部分を超過した金額については、加害者に直接請求することになります。加害者が自賠責保険と任意保険に加入しているケースでは、被害者は損害保険会社の示談交渉をするのが一般的です。ただし、いつもスムーズに交渉がすすむとは限りません。交通事故の加害者が自分の責任を認めていない場合は、裁判で争うことになりますが、その間は人身事故の損害部分について自賠責保険に損害請求をすることになるからです。

この場合においても、加害者が加入している任意保険の規約によっては、加害者の損害保険会社に対して、人身事故と物損について直接請求できる場合もあり、かなり複雑です。こういった込み入ったケースでは、弁護士や司法書士に代理人になってもらったほうが確実に慰謝料を手にすることができるでしょう。最後に、加害者が保険に未加入の場合です。政府の自動車損害賠償保障事業に請求することが可能となっています。

保険未加入のケースに加えて、ひき逃げや盗難車による交通事故の場合にも、この救済法が活用できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です