交通事故後に慰謝料を受け取ることができるケースとは

交通事故で受けた精神的な苦痛を金銭で補てんするのが慰謝料です。交通事故後に慰謝料を請求できるケースは、事故が原因で通院や入院の必要が生じたときや、障害が残ってしまったときです。通院や入院の必要が生じたときに支払われる金額は、一日あたりの金額が法律によって定められています。ですので、この場合に受け取ることができる金額は、通院及び入院の日数に一日あたりの金額をかけた額となります。

一方、事故後に障害が残ってしまった場合は、請求方法や金額の計算が少々複雑になります。まず請求方法についてですが、負った障害がどの程度であるのかを証明するために、後遺障害診断書という書類を作成しなければなりません。後遺障害診断書は、医療機関などで医師に記入してもらいます。障害の重さによって支払われる金額が変わってくるので、この書類は重要となります。

後遺障害診断書が完成したら、保険会社などに提出します。次に、慰謝料の金額の計算方法についてですが、これは加害者が加入している保険の種類によって変わってきます。さらには、交通事故の状況や被害者を扶養できる者の有無など多くの要素が絡んできます。交通事故の慰謝料請求の仕組みは非常に複雑なので、弁護士などの専門家に相談するのも良いかもしれません。

弁護士に任せれば、ルールの範囲内で最も多額の慰謝料を受け取れる方法を探してくれます。そのため、受け取れる金額が増えるケースもあるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です