交通事故の自賠責保険での慰謝料について

交通事故の被害者になった時には賠償金の請求をすることが出来ます。その中に慰謝料が含まれているのですが、注意しなければならないポイントがあるのです。交通事故の慰謝料には支払い基準があります。一つだけでは無くて三つあることは抑えておきましょう。

その中で一般的に多く知られているのは自賠責保険基準ではないでしょうか。自動車やバイクを購入する時には必ず加入をしなければならない保険です。義務付けられていますので、もし加入をしていなかったら法的に罰せられることになるでしょう。この自賠責保険での基準ですが、強制保険となっていますので被害者についての保障は必要最低限の金額でしかありません。

大きな怪我になってしまった方は、この自賠責保険での慰謝料の支払額は納得が出来る金額では無いケースが多いです。加害者が任意保険に入っている場合ならば、その保険会社の基準によって慰謝料は算定されることになるでしょう。ただしそれでも納得をしてはいけません。何故ならば保険会社の中には、自賠責保険基準での算定額に少しだけ色をつけただけの金額しか提示しない所もあるからです。

自賠責保険よりも上なのだからと諦めてしまう方も居るかもしれませんがちょっと立ち止まって考えてください。交通事故での慰謝料には、任意保険よりも大きな金額を取ることが出来る弁護士基準と呼ばれる物があるからです。ただし被害者が法律の知識も無いのに訴えても、保険会社が相手をしてくれる可能性は低いです。弁護士基準の金額を請求したいならば弁護士に相談をするのが一番でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です