交通事故の弁護士基準での慰謝料について

交通事故の慰謝料で一番大きな金額を得られるかもしれないのが、弁護士による算定基準です。裁判所基準とも言います。これは過去の交通事故の判例に照らし合わせて慰謝料を算定していく方法です。赤本と呼ばれる本があるのですが、そこに民事交通事故訴訟損害賠償額算定基準が掲載されており、ここから実際の被害と照らし合わせて算定をしていきます。

この赤本の算定基準は、もし裁判になっても重要視されるほどの力を持っているのです。信頼性はとても高いので、裁判になった場合でもこの赤本の賠償額に近い金額になるでしょう。一例ですが、自賠責保険の基準で等級が一級の場合1,100万円だとします。しかし弁護士基準になると2,800万円と倍以上の金額になるのです。

交通事故の被害者になった場合、加害者と慰謝料について交渉を行わなければなりません。相手が任意保険に加入した場合ですと、保険会社の担当者が交渉の相手となります。その時の交渉で弁護士基準によって交渉をするのが、慰謝料を増額するポイントと言えるでしょう。しかし交通事故の被害に遭われているのですから、体のダメージは大きいことが多いです。

その中で交渉をするのはなかなか難しいでしょう。さらに保険会社の担当者は幾つも同じような交渉を行っているプロなのです。交渉が初めてでしたらなかなか対等に交渉とは行かないのが現状です。それに勉強をするのも時間がかかるでしょう。

それよりも法律のプロである弁護士に相談をするのが手っ取り早いと言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です