相続放棄をすると借金はどうなる?

相続放棄とは、主に借金があるときに利用される方法です。例えば、土地や貯金などの財産がほとんどなく、借金だけが1000万円あるといったケースでは、相続をするとデメリットのほうがはるかに大きくなるので、相続放棄という方法がとられます。相続放棄をするためには、相続の開始を知ってから3ヶ月以内に家庭裁判所に届け出をしなければなりません。3ヶ月が過ぎてしまうと、自動的に単純承認がされてしまいますので、注意が必要になります。

単純承認がされてしまうと、借金の返済義務から逃れることができなくなります。支払いができなければ、自己破産などをするしか方法がなくなってしまいます。自己破産をすると、資産をすべて没収されてしまいますので、マイホームに住んでいる人など、大きな資産を持っている人は特に注意をしておくべきでしょう。相続をする財産が、マイナスになるのか、プラスになるのか判断が難しい場合もあります。

その場合には、相続放棄をしてしまったほうが無難かもしれません。例えば、土地と1000万円の借金があり、土地の価値が1000万円前後になるという場合には、土地が800万円くらいで売れてしまった時に借金を背負うことになります。土地の価値が1000万円、借金が1500万円あるといったケースで、土地を手放したくないような場合には、限定承認という方法もあるということを知っておくと得をするかもしれません。限定承認をすると、マイナスの部分だけを放棄することができます。

広島で債務整理のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です