相続放棄の手続きに必要な書類

相続財産という言葉を耳にすると、多くの場合では預貯金や株券、不動産などの換価可能な財産(これをプラスの財産と言います)をイメージします。しかし、このようなプラスの財産だけではなく、亡くなった人(被相続人)が遺した借金なども相続財産として扱われるのです(これをマイナスの財産と言います)。つまり、被相続人が借金だけを遺した場合には、相続人はその借金を全て引き継ぎ返済を続けなければならないのです。しかし、それでは相続人の負担が非常に大きなものとなってしまい、相続の意味が全く無くなってしまいます。

そこでこのように相続財産が借金だけのような場合には早急に相続放棄の手続きを行う必要があります(相続開始後3ヶ月が申し立ての期限となっています)。この相続放棄の手続きは特に難しいものではありません。誰にでもできる簡単な手続きです。相続放棄を申し立てる際には、家庭裁判所に申請書(書き方も見本がインターネット上に公開されています)と添付書類を提出するだけとなっています。

特に審問等はありません。申請時に必要な書類としては、被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本類(除籍謄本あるいは原戸籍)、そして申請者の現在の戸籍謄本です。この謄本類で相続関係者であるか否かを判断します。基本的には必要書類はこの戸籍謄本類のみとなっています。

これ以外には被相続人が遺した相続財産の一覧や債務状況がわかるものなどを準備していくと確実です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です