相続放棄の手続きに必要な書類は?

死亡した被相続人の遺産を相続人が受け継ぐ事を相続と言い、遺産の一つも受け継がない事を相続放棄と言います。これは、被相続人に多額の借金があったり、家業を引き継いだ相続人に遺産を渡す為などの理由で行われます。相続放棄の手続きは、被相続人の住所地を管轄する家庭裁判所で行います。相続の開始日(被相続人の死亡を知った日)から3ヶ月以内に手続きを行わなければ、単純承認(全ての遺産を相続する事)とみなされ放棄は認められませんので、期限には十分注意して下さい。

申述書には、相続放棄する申述人の本籍や被相続人との関係、被相続人の最後の住所地や死亡日などとともに、申述の趣旨として、相続の開始日、放棄の理由、遺産の概略を記入します。なお、未成年者が申述人である時は法定代理人などが代わって申述の手続きを行います。必要書類は放棄する人の立場によって異なりますが、共通して用意する書類は、申述書と放棄する人の戸籍謄本、被相続人の住民票除票もしくは戸籍附票です。例えば、放棄する人が被相続人の配偶者や子供(代襲者を含む)である場合は被相続人の戸籍謄本または除籍謄本が必要です。

被相続人の直系尊属(父母や祖父母)および兄弟姉妹(代襲者を含む)が放棄する場合は被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本、被相続人の子や代襲者が死亡している場合はその者の出生から死亡までの戸籍謄本、直系尊属が死亡している場合はその者の戸籍謄本や除籍謄本が必要となります。なお、代襲者が放棄する場合は被代襲者の戸籍謄本または除籍謄本も必要であり、民法上の先順位相続人等から提出されている書類については必要ありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です