相続放棄の手続きは自分でして複雑な場合にはプロに

相続放棄の場合の手続きは、必ず法律の専門家である弁護士や司法書士などに、一切を依頼しなければならないということはありません。自分ですべておこなえるのであれば、わざわざ法律の専門家に高額な手数料などを支払う必要はないのです。相続放棄の手続きをする場合には、まず相続が開始されたことを知ったときから、3ヶ月以内におこなわなければなりません。手続きに必要な書類は、相続放棄申述書、被相続人の死亡記載のある戸籍謄本など、被相続人の住民票除票など、届出をする人の戸籍謄本の4種類、そのほかに800円分の収入印紙と合計1、000円程度の郵便切手が必要となります。

これらの提出先は、どこの裁判所でも良いというわけではなく、被相続人の住民票の届けがあった場所を管轄する家庭裁判所と決められています。なお、相続放棄申述書は、裁判所のホームページに載っているものを使用することが出来、記載例も見ることが可能です。しかし、インターネットを使用しない方の場合には、裁判所に直接、相続放棄申述の書類を取りに行っても良いのです。そして、作成した申述書とその他の書類などを提出すると、裁判所によって多少異なりますが、照会書が送付されたり、出頭を求められたりします。

その後、手続きについて不備がなく、裁判所に認められれば受理通知書が送付されます。けれども、万一届ける段階で、届出人が相続人であることを証明することが複雑な場合には、プロの手を借りることを考えるのも一つの手段でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です