遺産相談は専門家にお願いしましょう

遺産相談は誰に相談すれば良いのか迷いますが、遺産の内容によってはそれぞれの専門家に依頼しないといけません。まず弁護士・司法書士・行政書士・税理士が主に相談窓口になりますが、相続調査・遺産分割協議書作成は全ての資格で担う事が出来ます。弁護士は遺産分割の調停と審判・代理人としての交渉が専門になり、司法書士は相続登記が専門になります。行政書士は書類作成の専門家で遺言書や協議書の作成・預貯金の名義変更などを依頼し、何か問題が起きなければ行政書士への相談で十分になります。

税理士は相続税に関する専門家で遺産相談の半分は税金問題になりますので、会社経営や自営業など事業の継承では税理士の専門になります。出来ればワンストップで専門家1人で済ませたいと思うかもしれませんが、それぞれに独占業務と呼ばれる部分がありますので多岐に相談する必要があるかもしれません。ですが殆どの専門家が元請の形で窓口になっていますので遺産相談をアチコチにする必要はありません。第一に相談すべき事を独占業務にした士業を選択して他の相談については補完してもらうのもキーポイントです。

相続でのトラブルは誰しもが回避したい事柄ですから、スムーズに行う為にも揉める前に対処しておく事も大事です。揉めても相続人の間に第三者を入れる事で、冷静に解決に導いてくれますので問題が起こっても心配いりません。相続専門に行っている事務所もありますのでどの資格を有しているのか確認しておくのも大事ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です