遺産相談の前に知っておきたい相続の基本知識

遺産相続の際は専門的な知識も必要なので司法書士などに遺産相談をする人が多いです。しかしまったく何も知らない状態で遺産相談に行っても専門家の説明が理解しきれないこともあります。そうならないために相続の基本を簡単に説明します。亡くなった人から取得した財産の合計が基礎控除額を超える場合に相続税が発生します。

税金のかかるものは、不動産、金融資産、みなし相続財産、金額に見積もり可能な権利です。不動産とは土地や建物のことを言います。金融資産とは、現金や預貯金、有価証券のことを言います。みなし相続財産とは、死亡保険金や死亡退職金のことです。

逆に非課税のものは墓所や仏壇、国や公益財団に寄付した財産、生命保険や死亡退職金の一部となっています。相続税の基礎控除額は法定相続人の人数によって変わってきます。配偶者と子供1人の場合は7000万円、配偶者と子供2人の場合は8000万円、配偶者と子供3人の場合は9000万円、子供3人だけの場合は8000万円となります。また夫婦の財産は二人の協力で築かれたという考えに基づき、残された配偶者の負担を軽減するたの制度である配偶者控除が存在します。

配偶者が手に入れる財産が1億6000万円を超えない場合は税金の負担がありません。今回は税金についての説明でしたが他にも相続の種類や流れなどの基本的な知識を身につけておくと遺産相談の際に専門家の説明がしっかりと理解できスムーズに進めていけるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です