債務整理を行うにはどのようにすればいいのか

債務整理をする場合は、大抵は弁護士または司法書士に相談をして、受任通知を債権者に出してもらいます。この受任通知が届くと、債権者からの督促は止まりますので、後は債務整理の必要書類を準備して、早めに提出するようにしてください。一般的に任意整理は20万円から25万円、自己破産は25万円から30万円程度が、弁護士または司法書士の費用の相場ですが、最近は着手金を受け取らないとか、割安にしてくれるなどのサービスをしてくれる事務所があります。しかしそれでも収入が少なくて、費用を一括して払えないという人もいます。

その場合は、法テラスの利用がお勧めです。法テラスでは無料相談が出来ますし、その人に合った弁護士や司法書士を紹介してもらうことができます。また、一時的にではありますが、費用を肩代わりしてもらえる制度もあります。これを民事法律扶助といい、その費用は後で分割返済することになります。

これは法テラスを利用するうえでの最大のメリットです。また、弁護士にも司法書士にも依頼せず、自分で行う債務整理方法もあります。これを特定調停といいます。特定調停はまず自分で裁判所に申し立てを行い、債権者と調停委員会を通じて、返済額を決めるものです。

経費が少なくて済むのが一番のメリットですが、調停を行うため、定期的に裁判所に行く必要があります。調停が合意に達すると、調書を作ってもらうことができます。その後の返済は、この調書での取り決めに従って行います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です