債務整理をする場合の注意点とは

借りていたお金をどうしても返済できなくなった、そのような時はまず、金融機関に連絡をして、返済計画を見直してもらうようにしましょう。返済額や返済方法を変えるだけで、何とか払えるということもあります。しかしそれでも返済できない場合は、無理せずに債務整理を行うようにしましょう。督促をそのまま無視していると、借り入れた金融機関から訴訟を起こされてしまいますので、そうならないように、早めに手を打つことをお勧めします。

債務整理は大きく分けて、任意整理、自己破産、特定調停があります。このうち特定調停は、自分で裁判所に申し立てをして、調停を通じて債務の返済額を決めます。任意整理と自己破産は、弁護士や司法書士に依頼します。任意整理は一定の期間内で債務を分割して返済するものです。

一方で自己破産は、裁判所に破産宣告を行い、債務を帳消しにしてもらうものです。どちらを選ぶかは、それぞれの収入や資産などにもよりますので、弁護士や司法書士とよく話し合うようにしてください。自己破産を行った場合は、官報に氏名が載りますが、まず他人には知られません。また、特定の職業の場合は一時就業が出来なくなります。

債務整理を行った後は、5年から7年ほどは新規にローンが組めなくなります。ですから、例えばクレジットカードで光熱費やプロバイダー料金を決裁している場合には、口座引き落としに変更するようにしましょう。また、クレジットカードの代用としてデビットカードを作っておくと、ネットショッピングの時などに便利です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です