債務整理は慎重に行いましょう

債務整理という方法を選択する方が年々増えています。最近までの長引く不況の影響で、多重債務となり、返済の見込みがなくなり、債務整理という選択肢を選ぶ人が増えています。当然、借りたお金は返すものですが、諸般の事情があって、返済不能となる方が大勢いらっしゃいます。長い人生の中で意図せずに多重債務となってしまう方も当然いらっしゃいますので、人生において1回は再起のチャンスがあるわけですが、依頼する時は、慎重に専門家に相談してからにしましょう。

債務整理には色々な方法があります。債務の額や現在の収入の有無等で、取りうる手段は変わってきます。自己破産という言葉は最近、様々なメディアでも言われていますので、聞かれる方も多いと思います。これは債務を全額免除する事が可能ですが、保有する財産の多くも同時に失います。

マイホームや、マンションも当然その中に含まれます。自家用車もその中に含まれます。手元には当座数ヶ月間の生活資金の保有のみが認められます。収入の見込みがない事が前提条件ですので、いわば最終手段です。

しかし、誰もが無条件にこの手段を選択できるわけではないので注意が必要です。返済不能に陥った理由が、浪費やギャンブルの場合、免責不許可事由となります。また自己破産後、数年間は新たに金融機関から借り入れを行ったり、ローンを組んだり、クレジットカードを新規で作成する事はできませんので、自己破産を行う場合は、慎重に行う必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です