住宅ローンを残しながら債務整理をする方法があります

一生の中で一番大きな買い物といえるものは、住宅だと言って良いでしょう。住宅を購入するときには、多くの人が住宅ローンを組んで購入する人が多いと思います。しかし、生活環境に変化が生じたことや収入が激減してしまったときには、住宅ローンを継続して支払っていくことが難しくなることも考えられます。住宅ローンは借金の中でも多額の債務を抱えてしまうものとなりますし、収入が減ってしまったときには住宅ローン地獄に陥る可能性があります。

住宅ローンの返済が難しい状態になったときには、問題を解決させるために法的な手続きを行う方法があります。住宅ローンによる債務のみが多額な状態の場合には、任意売却を行うことで住宅の売却を行って、それによって得た資金を住宅ローンの返済に充てる方法があります。住宅ローンの他にも消費者金融のカードローンを使うことで、いくつかの債務を抱えている人の場合には、債務整理の方法を検討することがおすすめとなります。債務整理の種類には任意整理というものがあって、任意整理であれば住宅ローンの債務を残しながら、その他の債務についてのみ手続きを行うことが可能です。

任意整理について弁護士に依頼することによって、整理をしたい債務を背負っている消費者金融業者と交渉を行うことで借金額を減額してもらうこともできます。任意整理では自己破産とは異なる債務整理の方法で、全ての債務を帳消しにすることができる手続きではありませんが、住宅などの重要な財産を保有した状態のままで借金の返済計画を立てられるメリットのある手続きとなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です