弁護士に債務整理の依頼を行うと様々なメリットがある

借金に苦しんでいる人の救済手段として、債務整理という言葉を聞いたことのある人もいると思います。債務整理について債務者個人で行える場合もありますが、弁護士に法律相談することで代理人になってもらって手続きを進めることが可能です。弁護士に代理人になってもらうメリットとしては、債務者個人が交渉を行ったときには対応してもらえない貸金業者もありますが、専門家である弁護士であればほとんどの貸金業者に対応してもらうことができます。債務整理の手続きを完了させるためには、法律的な書類の提出も必要になりますし、民事再生や自己破産を行うときには裁判所に行く必要性も出てきますので法的な知識が必要なことが多いと言えます。

また、弁護士に大半の部分を任せることによって、自分の生活に集中することができて、債務整理の手続きを進行させながら通常の日常生活を過ごすことができる点もメリットになります。弁護士に依頼をすることで、法的に貸金業者からの取り立てなどの行為を止めることが可能で、借り入れ履歴を開示させることによって過払い金があることが発覚したときには重い金利負担を取り消すことや、払いすぎている部分を取り戻すための返還請求を行うことも可能です。ひと昔前までの多くの貸金業者では出資法との兼ね合いでグレーゾーン金利を採用していましたので、5年以上の期間にわたって貸金業者から借り入れを行っていた人の場合には、過払い金が発生している可能性が高いですので、弁護士に依頼をして確認してみることがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です