歯科におけるホワイトニングの効果

歯科には一般歯科、審美歯科があり、一般歯科だとどうしてもできる範囲が限られているので、たとえ保険外適用であっても自費治療で、審美歯科を選ぶ人は多いものです。

その中で、審美歯科の中でも大きなニーズがあり、実際にもよく行われている、ホワイトニング技術について説明します。

加齢、遺伝、生活習慣によって、人の歯は真っ白なままの色を保つことは難しく、どうしてもホワイトニング技術が必要になります。

ホワイトニングでは、LEDライト、ハロゲン光を使用しながら過酸化水素水を使用して歯の一本一本を白くしていくホワイトニングがあり、こちらは日帰りで仕事帰り、歯科によっては休日対応している医院もあり、患者さんに負担をかけないようになっています。

日帰りよりも高い効果を求めてホワイトニングを希望する人には、自宅でマウスピースを使用したホワイトニングを行います。


いずれにせよ、患者さんがどのレベルまで白くしてご自身が満足の行くまでの施術を受けたいかによって、治療効果、治療費用は異なってきます。

その点では施術前にきちんとカウンセリングを受けて施術を受けることをお勧めします。

光療法とマウスピース装着法ではかかる手間や金額が異なります。

ホワイトニングは、写真撮影をきちんと行なった上で実施します。その個人に合わせてマウスピースを作成、型取りをきちんと行い、個人個人に合った治療を実施します。

ホワイトニングは、削らない花治療方法です。

その意味では患者さんの負担も少なく、歯を削ってそこからまた歯が変色したらどうしようかという不安をいだく必要もありません。
マウスピース装着は、薬品が入ったジェルを就寝時に使用します。

常に装着しているわけではないので、患者さんの負担は少なくて済みます。

ジェルの中に入っている薬剤師は、過酸化尿素と過酸化水素水です。

薬品を使うということで不安に思う方がいるかも知れませんが、実際にはかなり安全性が高いから治療で、アメリカでは20年間の間に20万人が治療を受けていますが、問題は起きていません。


半永久的にホワイトニングの効果は続きますが、それでも人によって効果は異なります。

まず、施術後に満足の行く効果が出ているかどうかについて、再度のカウンセリングを行います。

カウンセリングの結果、ホワイトニングがもう一度必要であれば、施術を再度します。

審美歯科では患者さん優先で、患者さんが望ましいレベルまで高度な治療を行います。

このホワイトニングの効果をより持続させるために、定期検診を行う場合があります。

ホワイトニングの効果は絶大ですが、それでもその後の生活習慣によって、歯が黄ばむ場合があります。

そういった場合には、再度のジェルによるホワイトニング治療を行うことがあります。



ホワイトニング治療が必ず全ての歯を真っ白にできるかということについては、限界もあります。



一度治療を受けていて、人工歯が埋め込まれていた場合については、その人工歯までを白くてすることはできません。
なので、その人工歯をどうふるか、もっと白い歯に変更した方がいいのかどうかについても丁寧になカウンセリングを実施した上で決定するのです。
また、テトラサイクリンと言って、元々歯の内部までが黄ばんでしまっている場合もあります。

そういった場合にはスーパーブリーチングという方法でホワイトニングを試みるという方法があります。

これまでは過酸化水素水、過酸化尿素塗布による治療について説明しましたが、ラミネートベニアによる、高度な技術を要するホワイトニングもあります。

ラミネートベニアとは、コンタクトのように薄いセラミックを歯にかぶせて、歯を真っ白に見せる最新の技術です。ラミネートベニアについてもう少し詳しく説明すると、従来の保険診療では、歯の神経を抜いてから、色、形、歯並びの改善と、歯のホワイトニングだけでなく、治療を要する当該歯の全体的な改善を行います。

したがって、歯の神経は残したままで、差し歯、また自己の歯であっても奥深くまで折れている場合にも適用されます。
金属を使わないで施術を行い、そのため、アレルギーリスクも少ないです。
ホワイトニングだけでなく、こういった治療法もあり、マイクロスコープで歯の一本一本を精密に検査しながら行う施術方法で、インプラントを使用しない治療です。


ラミネートベニアはホワイトニングというよりは全体的な歯科の根幹治療に近いのですが、審美歯科におけるホワイトニング治療が劣っているというわけでは決してありません。


ホワイトニングが再度行われる場合でも、最初に型取りしたマウスピースを保存しておけばジェルだけで費用が済むという点も審美歯科ホワイトニングのメリットです。


また、ラミネートベニア、インプラントに比べると費用も治療期間も、患者さんに負担をかけなくても済むというメリットがあります。
どういった方法で、どの程度まで歯の美容に力を入れて治療を受けるかということは、十分にカウンセリングを受けてから考えるといいでしょう。


先ほど書いたようなラミネートベニア、セラミック冠を併用して歯の白さを保つ方法もあるということです。

それぞれの方法にはそれぞれの利点があります。

ホワイトニングは上野二つの方法に比べれば比較的安価ですが、それで技術が不十分ということは決してありません。
マウスピースについても患者さんの体に与える負担は少なく、多くの人が安眠を妨げられなかったと言っています。
それでは実際にホワイトニング治療を受けると、どのようなメリットがあるのか、生活や仕事に即して考えてみます。



接客業の人は、その笑顔に真っ白い歯ということで強く好印象を与えることができます。
それは営業マンでも同じで、初対面のお客様に対して爽やかさを感じさせます。


笑顔に自信が持てるということは、その人の生活、対人関係そのものに安心感と自信が持てるということにも、つながります。

女性であれば、白い歯は紅色の口紅にとてもよく綺麗に映えるので、自分の美しさに対して、化粧映えに対して堂々とした自信を持つことができるようになります。

ホワイトニングがもたらすものは、その人の歯の白さだけではなくて、歯が白くなったことによる、気持ちの上での大きな自信です。

歯によって気持ちの状態も明るくなり、心も変化します。保険治療でも歯をある程度白くすることはできますが、それは根幹的なものではなく、ごく一時的なものです。

それに比較して、審美歯科で行うホワイトニングは、その人が元々持っている歯の白さ、また、それを超えた綺麗な歯の白さが得られるというもので、自費治療でもその成果には得がたいものがあります。


自分に対して自信が持てること、そして堂々と笑顔で人に接することができるというメリットは、考えてみれば接客だけでなく、全ての仕事に共通してメリットになることです。それがたとえ社内だけの対人関係のかかわりであっても、笑顔で行うコミュニケーションは必ずあります。


そういった時に、上司、同僚、部下に与える印象が明るいことは、その人にとって、外見上だけでなく、心を支える上での大きな財産と言えます。
これは学生の方にも同じことが言えて、多くの友人関係に囲まれ、笑顔になれずに自信を失ってしまい、笑顔になれなければ、引っ込み思案、内向的な性格の人と見られて、実際には外交的なのに、損をして見られることになりかねません。
歯の白さというものは人の心にとって、大きな影響を与えるものです。

いつまでも一人で悩んでいるより、まずは審美歯科のカウンセリングを受けることはとても意義があることです。