歯科クリニックで行われている治療

虫歯になっても歯科クリニックに行けば治療をしてもらうことができますが、あんなに痛かった虫歯から痛みが取れてきれいな歯になってしまえば、どうして虫歯になってしまったのかなんて考えない人が大半でしょう。しかし、同じような習慣で生活をしていれば、また虫歯になってしまう可能性があるのです。


軽度であれば詰め物で済ませることができますが、重度になってしまえば歯を根元から失ってしまうことにもなりかねません。
乳歯であれば、そのあとに永久歯が生えてくるので失ってしまっても安心ではあるのですが、永久歯を失ってしまえば食事をするにも困ってしまうことになります。


高齢になった時に一本でも多く自分の歯を残したいものであり、そのためには虫歯にならないために何をすべきかを考える必要があります。

その理由が分からないのであれば、歯科クリニックの予防歯科の治療を受けてみるといいでしょう。
治療と言っても、歯磨きの仕方のアドバイスをもらったり、歯石を除去してきれいにしてもらう、フッ素を吹きかけてもらって虫歯になりにくい環境を作ってもらうことになります。
治療であるからこそ保険適用内となるため、実際に支払う金額は安いので気軽に利用ができます。


歯科クリニックでの治療は、保険を使うことができない治療も用意されています。
誰でも安く治療ができれば嬉しいのですが、保険適用が認められていない高額な費用が必要な治療であっても、多くの人に利用されている実績があります。


自由診療は、特別に美しくなりたい人やお金持ちの人だけに利用されているものではありません。

ワンランク上の治療を受けることによって、長持ちをするので結果的には安く済むことになったり、前歯の治療となると人の目からも見られやすいことから、自然な仕上がりを得ることができます。自由診療は高額な費用が必要になるので、決断をしたその日にいきなり請求されることはありません。

次回の治療とされることが一般的ではあるのですが、それでも一括払いとして用意ができないという人もいるでしょう。
一般的な病院となると、治療費は治療を受けたその日のうちに一括払いのみということもありますが、歯科クリニックでは分割ができる支払方法を用意されていることがあります。


クレジットカード払いは、近年一般の病院でも利用され始めており、歯科治療でも利用すればクレジットカード独自のポイントを貯めることができます。


また、クレジットカードがなくても医療ローンが用意されている歯科クリニックもあります。

虫歯には気を付けて歯磨きをしていても、歯周病にかかってしまえば歯茎が歯を支えきれずに抜け落ちてしまうこともあります。

抜けた歯を補う方法として、一本だけの歯であれば差し歯の一種としてブリッジをかけることができます。
差し歯は、土台となる歯根の上にのせることで一本の歯として見せることができる技術なのですが、土台にするための歯根がなければ困ってしまうことになります。



しかし、左右の隣にある歯を利用して差し歯にすることができます。

ただし、両隣の歯が歯周病にかかっていれば、失った歯を支えきれなくもなってしまうので、まずは歯周病の治療から始めることになります。

しっかりとした土台として活用できるような歯であれば、被せものをするために小さく削られることになります。

両隣の歯に被せつつ3本の歯をカバーできるような一つの差し歯を作ることになり、入れ歯のように取り外すこともないのでお手入れの面でも楽です。

ブリッジは、連続した2本の歯を補うために利用されることもありますが、これ以上の本数になると橋渡しをするにも土台となる2本の歯には大きな負担がかかってしまうために行われないのが一般的です。

本数が多くなった場合には、入れ歯という選択肢になります。

歯のケアをしっかりと行ってきたという人であっても、高齢になると自然に歯が抜け落ちてしまうこともあります。



しかし、自分の歯が一本もなくなってしまったとしても、歯科クリニックで入れ歯を作ることができるので、家族と一緒に同じ食事を楽しむことができます。入れ歯は、自分専用のオーダーメイド商品ともなるので、ジャストサイズで作られることになります。

部分入れ歯となると、まだ残っている自分の歯に引っ掛けることになるのですが、総入れ歯となるとバネでおさえているとはいえ、引っ掛けるための歯がないので安定性が悪く、食べかすが入れ歯と歯茎の間に挟まって食事中に痛い思いをするなど、自分の歯が合った時とは全く違った食べ心地になってしまいます。

以前のように、かたいものでも思いっきり噛んで噛みごたえを感じながら食べたいというのであれば、インプラント治療が向いています。


インプラントは、歯根から歯がなくなってしまった人のための新しい治療方法となり、人工歯根から作っていきます。

人工歯根は、チタンなど金属の器具をあごの骨に埋め込むことになるのですが、骨にしっかりと器具が固定されてしまえば、最初から自分の歯であったかのように食事をすることができます。
インプラントは、歯を根元から失ったとしても快適な食生活に戻すために役立つ歯科治療ではあるのですが、治療を希望をしていても受けることができない人も多くいるのです。

骨に金属を埋め込むという高度な技術を用いた治療になるので、感染症の可能性も持っています。

安全を第一に考えて行われることになるので、治療ができるかどうかの判断はさまざまな検査によって結果が出ることになります。

レントゲン撮影ではいろいろな方向からたくさんの写真撮影が行われることになり、また血液検査や医師の問診を受けることになります。高額な検査料がかかってしまったのに結果的には治療を断念しなければならないこともありますが、インプラントを受けるための準備治療を受ければできるというケースもあります。人工歯根を骨に埋め込むためには、ある程度の骨の強度が必要になってきます。

強度が不足しているという場合には、骨を増やすための治療を受けることで環境が整って、インプラント治療に入ることができます。

インプラントは、人工歯根を埋め込んだのに体が拒否して金属がくっつかないなど、さまざまなトラブルの可能性も考えられます。

メリットも多く持っている歯科治療なのですが、リスクもしっかりと理解をして受けることが重要です。

インプラントは、複数の歯の治療としても利用することができるのですが、本数が増えるごとに治療のつらさに途中で嫌になってしまう人も多くいます。大掛かりな外科手術が必要になるため、肉体的にも精神的にも苦痛となってしまい、高齢の人に施すにはかわいそうだと思われがちです。しかし、総入れ歯の人であればより手軽なインプラント治療の方法が用意されています。



上または下の歯が全部ないとなると、自分の歯で食事をするためには12本程度の歯が必要になってきます。
12本も人工歯根を骨に埋め込むというのは大きな手術となりますが、オールオンフォーであればたった4本だけで済ませることができます。


今は総入れ歯という人でも、手術を行ったその日のうちに仮の歯を入れてもらうことができるので、食事をするにも困ってしまうということがありません。

オールオンフォーで入れる4本の人工歯根は、口の中の状態を見ながらその人にとって良い場所を選んで入れてもらうことができます。


一本だけのインプラントとなると、その部分の骨の状態によっては治療が受けられないケースもありますが、オールオンフォーであれば場所に限定されないのでより治療を受けやすくもなってきます。