進化する最新歯科医療

小さい頃は、歯医者のイメージとして「痛い」「こわい」のが当たり前、あの診察室に入ったときのにおいや音だけで帰りたくなってしまっていたという人は多いのではないでしょうか。

そんな歯の治療は、最近では痛みが少ないよう、リラックスして治療が出来るよう、なるべく短期間で治療が終わるような工夫がいろいろとされています。

そして、虫歯治療だけではない歯科の役割というものが、最新歯科技術にはいろいろあるのです。

その一つがレーザー治療です。
ほくろを除去したり、脱毛を行ったりする美容皮膚科の分野で、医療用レーザーは広く知られています。

このレーザーは歯科においても活躍しているのです。


歯医者関する情報探しのお役に立つサイトです。

歯科用レーザーでも、いくつかの種類がありそれぞれに応じて役割が異なっています。


例えば炭酸ガスレーザーは、止血効果が高いと言われています。

そのため歯ぐきからの出血を最小限にとどめることが出来ます。

口腔外科手術にも多く使用されていますが、口内炎で口の中が痛いといったときの治療に使用されることもあります。

美肌効果も高いと言われるレーザー治療ですが、歯ぐきの黒ずみが気になる人は、何度か照射を繰り返すことでピンク色の綺麗な歯ぐきに近づけることも可能となります。最先端歯科医療では、レーザーを使用した治療法がいくつかあります。

熱をエネルギーに変換して行うのですが、エルビウムヤグレーザーでは、この熱エネルギーを水で冷却させて使用します。一般的なレーザー治療は痛みを伴いますが、このエルビウムヤグレーザーを使用すると、痛みを軽減することが可能となります。



歯ぐきの粘膜治療や歯を削る治療に多く使用されますが、歯の内部や歯ぐきの奥まではエネルギーが届きません。


そこで歯ぐきの奥深くや歯の内部まで治療をする場合は、ネオジムヤグレーザーを使用します。


止血効果が高いことと、歯茎の奥深く・歯の内部にまでエネルギーが透過するため、知覚過敏や歯ぐきの腫れ、根管治療などに使われています。

また大規模な総合病院などにある口腔外科では、半導体レーザーやヘリウムネオンレーザーなどが使用されることもあります。

このように、医療機器の発達と共に最新歯科医療も年々変化していっているのです。

歯科医療においてレーザーを取り入れるメリットは、熱エネルギーの照射によって瞬間的に虫歯を無菌状態にすることが出来ることです。



歯をあまり削らなくても良かったり、痛みが少なくて済むといったメリットがあるのです。

インプラントは、歯を失ってしまった人にとって、入れ歯に代わる治療法として注目されています。
しかし、インプラントを埋め込む顎の骨が薄いなどと言った理由で、インプラントを断られる人もいます。そこで、最新歯科医療では、骨移植をしてからインプラントを行うといった方法が行われています。自家骨移植では、自分の腰や下顎から骨を少しだけ切り取り、それを移植して顎を補強するものです。

自分の骨を利用するため、拒絶反応を起こしたり、アレルギー反応を起こしにくく、また骨と骨がくっつきやすいというメリットがあります。

自分の骨と人口材料を混ぜ合わせて移植する人工骨移植もあります。

安定性は、自家骨移植の方が上ですが、削り取る自分の骨の量を少なくするメリットはあります。



さらに進化させた骨誘導再生法といった再生医療もあります。これは、半年ほどかけて骨を再生していくものです。



新しくできた骨は丈夫で、インプラント治療に適した骨になると言われており、今後のインプラント治療に重要な役割をもたらすと言われています。骨がないところへも骨を作ったり、失ってしまった歯を新しく作り直したり、歯科再生医療は今後ますます進化を遂げると期待されています。

3Dプリンターが登場したことにより、いろいろな分野で3Dプリンターが活用されるようになりました。


歯科医療の最先端でもこの技術は利用されており、歯の被せものを短時間で作ることに成功しているのです。

今まで歯の被せものというと、歯科で歯の型を取ってから、歯科技工士が1週間ほどの期間をかけて手作業で作っていました。

そのために、治療に時間がかかってしまうといった点がありました。
3Dプリンターを使用することで、1時間程度で被せものが完成し、その日のうちに治療を終わらせることが可能となったのです。
専用のカメラで歯の画像を映し、コンピューターに取り込むことで、設計や作成までをすべてコンピューターが行ってくれます。
型を取ることによる微妙なずれや補正も必要なく、かなり正確なものが出来上がると言われているのです。3Dプリンターによる被せものはセラミックを使用します。


セラミックは審美性が高く、本物の歯と見分けがつかないほどと言われています。黄ばみなどの心配もなく、表面がつるつるとしているため歯垢や歯石がつきにくいというメリットがあります。
金属アレルギーの人にとっても、セラミック歯は安心して治療することが出来るという大きなメリットもあるのです。

歯科の役割というと、虫歯の治療やかけてしまった歯の治療、入れ歯などを思い浮かべる人が多いでしょう。


しかし最近では見た目のコンプレックスを解消したいという審美歯科にも注目が集まっているのです。

例えば、歯ぐきの色というのは人それぞれ違いがあります。

肌の色に違いがあるように、歯ぐきの色もみな一様ではありません。

歯ぐきに炎症が起きている場合は、赤くなって腫れるということがありますが、これは治療によって改善されると言われています。


しかし、黒ずんでしまった歯ぐきは、虫歯や歯周病を治療しても改善されることは少ないのです。

歯ぐきの黒ずみは、肌におけるシミやそばかすといったメラニンによるものです。
そのためメラニンを排出しない限り、美しい歯ぐきを蘇らせることは出来ないのです。

歯ぐきが日焼けによる色素沈着を起こすことはありませんが、タバコやアルコールといったものが原因で色素沈着することはあります。

また、金属の被せものを使っていると、金属イオンが溶けだして式を沈着することもあります。
そこで最新歯科治療では、ピーリングによって歯ぐきをピンク色に再生させる治療が行われています。


ガムピーリングと言われ、エタノールとフェノールを塗り、表面の黒ずんだ粘膜を1枚剥がすのです。



1度剥がすことで、1週間ほどでピンク色の美しい歯ぐきが再生され、審美面を気にする人が治療を受けています。
最新歯科治療において、アメリカで開発されたドッグスベストセメントという治療法があります。


虫歯が出来てしまった場合、従来であれば患部を削って治療を行ってきました。

しかしドッグスベストセメントは全く異なる治療を行います。

歯を削るという行為は最小限に抑え、薬を塗って虫歯菌を殺菌・無効化させるという方法です。削ることは少ないため、治療の際に生じる痛みを少なくする効果があります。

歯の神経を抜くということは、とても治療期間が長くなり、将来的に歯が割れやすくなるなどのデメリットもあります。

しかしドッグスベストセメントによる治療では、今まで神経治療が必要であった虫歯でも、神経を残すことが出来ることが多いのです。


子どもの虫歯は進行が早く、しかしまだ乳歯であるために神経治療は避けたいという場合、積極的に取り入れている歯科医院もあります。痛みが少なく、2~3回で治療が終了することから、歯医者を怖がる子どもでも治療が出来るというメリットがあるのです。

ただしドッグスベストセメントの治療は保険適応外であるため、自由診療となります。

治療にかかる金額はあらかじめ歯科医師と相談しておくといいでしょう。